• 最終更新日:

「あなた」の価値をお金に換えるアプリ・サービス5選


あなたはいま1円も持っていなかったとする。食べるものもなければ、住む場所もない。働いてもいないので、お金が入ってくる見込みもない。どう考えても絶望的な状況だが、あなたはお金を作ることができる。方法は単純。「あなた」を売るのだ。

少し誇張した表現になってしまったが、嘘ではない。「あなた」を売るというのは、もちろんカラダを売るという意味ではなく、あなたが持っている時間、アイデア、人脈、物をお金に換えるということだ。これらを可能にするアプリやサービスが続々とリリースされている。その中から5つ選んで紹介していく。

時間をお金に換える…Timebank


もしあなたが何かの専門家なら、その時間は売れるかもしれない。Timebank(タイムバンク)とは、専門家の時間を10秒単位で売買できるサービス。Timebankの審査に通れば、1秒何円として自分の時間を売ることができる。売った人はお金を受けとる代わりに、購入者の要望(例えば、相談や執筆依頼など)に答えなければいけない。審査に通るためには、専門家であること、それからSNSを使った影響力が強いことが重要。SNSへの影響力はTimebankのサイトで調べることができる。→影響力スコア診断

 

まとめ

  • 専門家の時間を10秒単位で売買する。
  • 売った人はお金を得る。買った人は依頼できる。
  • 買った人は第3者に売ってもいいし、保持してても良い
  • 時間を売る条件には、専門家であること、SNSの影響力が強い人のみ
  • 1秒あたりの金額は、最初Timebankで決められ、売買により変動する。
  • 円での取引

価値をお金に換える…VALU


Valu(バリュー)とは、SNSの影響力に基づいて、自分の価格が決まり、VAという単位で売買されるサービス。Valuで自分のVAを売るには、SNSの影響力が強いことが大前提。フォロワー数が少なければ売る権利が得られない。Timebankと違い、VALUは購入者に何かする義務がない。もちろん、購入者を増やすために優待をつける人がほとんどだが、何もなくても売ることができる。取引はビットコインで行われる。(ビットコインでVAを売買するということ)

 

まとめ

  • SNSの影響力で自分の価格(VA)が決まる
  • SNSのフォロワーが少ないと売る権利がない
  • 売る人は優待をつけても、つけなくても良い
  • 売った側が得たお金は何に使っても良い
  • 投資的な要素が強い
  • 価格(VA)は、売買により変動する
  • 取引はビットコイン
  • 手数料は購入と売却、両方にかかる

対価をお金に換える…polca


polca(ポルカ)は、フレンドファンディングと呼ばれるように、身近な人から資金を調達するアプリ。だれでも企画することができるし、その人と繋がっている人であれば、だれでも支援することができる。使い方は簡単。お金を集める目的、それを達成するための目標金額、支援者へのお礼を決めて、自分のSNSに流すだけ。目標金額に達成しなくても金額は受け取れる。

 

まとめ

  • SNSで繋がっている人から資金調達
  • だれでも企画ができるし、SNSで繋がっていれば支援できる
  • お礼を決める必要あり(金銭的なものはダメ)
  • 目標金額が未達成でも集めたお金はもらえる
  • 手数料は必要ない。(2017年9月11日現在)
  • 円で支援

アイデアをお金に換える…クラウドファンディング


プロジェクトを達成するために、不特定多数の人からお金を集めることを、クラウドファンディングと呼ぶ。企業だけではなく、個人で企画することも可能。プロジェクト内容、目標金額、支援金に対するリターンを決めるだけで、だれでもクラウドファンディングサイトに投稿できる。期間内に目標金額を達成した場合のみ支援金を受けとれる「All-or-Nothing」と、目標金額の達成、未達成に関わらずお金がもらえる「All-In」を選べる。手数料は支援金の8%~25%と会社によって差が大きい。

 

まとめ

  • クラウドファンディングサイトを利用する
  • 不特定多数の人から支援金を集める
  • 企業でも個人でもできる
  • 支援金受け取り方法は、「All-or-Nothing」と「All-In」の2種類
  • 支援金を受けとれなかった場合、手数料はかからない
  • 手数料が一番安いのはCAMPFIREの8%(2017年9月11日現在)
  • 円での支援

モノをお金に換える…CASH


質屋アプリとも呼ばれているCASH(キャッシュ)。品物のカテゴリーと状態を選び、写真を撮るだけで、数分でお金に換えることができる。ただし、1人ができる取引金額の上限は2万円。(2017年9月11日現在)品物を送って取引が完了しないと、次の取引ができない。配送については、梱包だけすれば家まで集荷に来てくれるうえに無料。いまのところ手数料も無料。お金に換えた後にキャンセルしてもキャンセル代はかからない。お金を引き出した後も、お金を返せば、振込手数料以外は無料。

 

まとめ

  • 写真を撮って数分後にはキャッシュ化
  • 1回の取引金額の上限は2万円
  • 配送代は無料。(梱包は必要)
  • 自宅まで集荷に来てくれる
  • キャンセル代無料
  • 手数料無料(2017年9月11日現在)

最後に

個人としての価値が評価される時代である。自分の価値が目に見える形で数値化され、それをお金に換えることができる。そして、個人の価値を測るツールとして、SNSが使われている。多くの人と繋がっていることや、情報を発信していることが評価され、「信頼」と「影響力」がある人と認められる。すでに良い大学を出て、一流企業に就職することは、肩書として機能していない。今後は、情報の波に乗りながら、SNSをうまく活用して、自ら情報を発信することが成功するための必須条件になるだろう。