• 最終更新日:

MacにHomebrewを使ってgitをインストールする手順

macにgitをインストールする手順

今回はMacにHomebrewを使ってgitをインストールする方法を説明します。

説明する環境は以下の通りです。

  • macOS Mojar v10.14.6
  • Visual Studio Code v1.39.2

Macにgitをインストールする手順

MacにgitをインストールするときはHomebrewを通して行います。HomebrewとはMac専用のパッケージ管理ツールで、インストールからアンインストール、バージョンアップなどをまとめてやってくれます。

MacにHomebrewをインストール

Homebrewのインストールはターミナルを開いて以下のコマンドを打ちます。Homebrewの公式ページでコマンドを確認してみましょう。

/usr/bin/ruby -e "$(curl -fsSL https://raw.githubusercontent.com/Homebrew/install/master/install)"

以下のコマンドを打ってインストールできているか確認します。

brew -v

インストールできていると以下のように表示されます。

Homebrew 2.1.15
Homebrew/homebrew-core (git revision 67b9; last commit 2019-10-27)

gitをインストールする

Homebrewを通してgitをインストールします。

brew install git

gitのインストールができたらパスを通します。

echo 'export PATH="/usr/local/bin:$PATH"' >> ~/.bash_profile

パスを通したら以下のコマンドで設定したパスを反映させます。

source ~/.bash_profile

homebrewでインストールしたgitが反映されているか確認します。これでgitのバージョンが表示されればインストールできています。

git --version 

インストールができないときは?

Homebrewからgitをインストールしようとしたら、以下のように表示が出てインストールできない場合があります。

You should change the ownership of these directories to your user.
  sudo chown -R $(whoami) /usr/local/share/man/man3 /usr/local/share/man/man5 /usr/local/share/man/man7

And make sure that your user has write permission.
  chmod u+w /usr/local/share/man/man3 /usr/local/share/man/man5 /usr/local/share/man/man7

ディレクトリの権限変更と、パーミッションの書き換えが必要と出ているので、表示されているコマンドを打ちます。

まずはディレクトリの権限の変更します。

sudo chown -R $(whoami) /usr/local/share/man/man3 /usr/local/share/man/man5 /usr/local/share/man/man7

次にパーミッションの書き換えをします。

chmod u+w /usr/local/share/man/man3 /usr/local/share/man/man5 /usr/local/share/man/man7

この2つのコマンドを打ったら、もう1度gitをインストールします。

brew install git

最後にインストールできているか以下のコマンドを打って確認します。

git --version 

それでもインストールできない場合は以下のコマンドを打って原因を探してみましょう。問題点と必要なコマンドを教えてくれます。

brew doctor

さいごに

今回はMacにHomebrewを使ってgitをインストールする方法を説明しました。Homebrewを使うことでmac本体にインストールするパッケージを一括管理できます。新しくパッケージを読み込む場合はHomebrewを使うようにしましょう。

また、すぐに使えるgitコマンドをまとめたので参考にしてみてください。