• 最終更新日:

【フリーランス】青色申告ができるオススメ会計ソフトはどれ? - 専門知識は必要なかった

フリーランスが青色申告できるオススメ会計ソフト

フリーランスが青色申告するために選択できる会計ソフトはfreeeとMFクラウド、弥生会計全部の3つ。この中で一番コスパが良く、専門知識がなくても扱える会計ソフトを紹介する。

青色申告ができる3つの会計ソフトを比べてみた

今回、私(フリーランス)が会計ソフトを選んだ基準については以下。この基準にもとづいて3つの会計ソフトを比べてみた。結論から言うとfreeeがこの条件をもっとも満たしていた。

  • 1ヶ月単位で使えて、料金も安い
  • 専門知識をなくても入力できる
  • 知りたい情報にすぐに辿り着けるデザイン
  • 説明のわかりやすさ

料金を比較する

一番低い有料プランの金額で比べてみると以下のとおり。freeeとMFクラウドはほとんど差がない。弥生会計は月額プランはないが、年間プランの値段が圧倒的に安いことがわかる。

会計ソフト月額プラン年間プラン
freee980円なし
MFクラウド1,280円11,760円
弥生会計なし8,000円

年間を使っていくなら弥生会計が優秀。ただ今回は青色申告用に1ヶ月だけ利用するのでfreeeかMFクラウドの2択になる

専門知識がなくても入力できるか比較する

弥生会計の選択肢がなくなったので、freeeとMFクラウドで使いやすさを比較してみた。

MFクラウドの画面

漢字が多く、専門用語も多い。入力しなくてはいけない場所が直感的にわかりづらい。入力を試してみたが、最後まで収入と支出をどこから入力していけば良いのかわからなかった。確定申告のときだけに利用するにはMFクラウドは向いていない。

freeeの画面

freeeの場合、「確定申告」をクリックしてから導線がスムーズ。収入と支出を入力できる「取引登録」まですぐにたどり着けた。専門用語も少なく、次に何を入力すれば良いか分かりやすい。

特に使いやすかったのが、「支出」で選択できる「勘定科目」。自分で入力しなくても、以下のように選択するだけで入力できる。

「収入・支出」以外でも、マルバツを選択することで入力が必要な項目を埋めていくことができる。導線がすばらしく、迷うことがない。

最終的にMFクラウドではどこから「収入・支出」を入力するかわからずに終わり、freeeでは「確定申告」のボタンから一連の流れで「収入・支出」までたどり着き、入力まで終わらせることができた。

結局、どれが一番オススメなの?

税の専門知識がないフリーランスでも入力に迷うことなく、青色申告の1ヶ月だけ利用できる会計ソフトなら、間違いなくfreeeを使ってもらって良い。たった980円を払うだけで青色申告の65万控除が受けられるのは感謝しかない。

freeeを1ヶ月しか使わないデメリットについては、今年度入力したデータが翌年度に引き継がれないこと。取引先が多くなり、受け取ってない売り上げや支払っていない費用が無数にあると、確定申告のたびにお金の整理を一から計算する必要がある。

確定申告の時期に請求書の整理でバタバタしたくない人は契約を継続して、月ごとに収入・支出を管理することをオススメする。

※2020.04.09追記
freeeを使って具体的に青色申告する手順をまとめたので参考にしてみてください。